みんなで大家さんなら時間を省いて片手間投資

説明

不動産投資の保険

案内

0%にできないため加入

不動産投資における一番のリスクは空室リスクです。少なくとも家賃収入を主目的としている不動産投資における空室は収入が全くない状態と同じです。ローンで購入しているのであれば、支出だけが発生してしまうのです。この空室を全くの0にすることはできませんが、少なくすることが不動産投資における成功のカギともいえるのです。しかしリスクはつきもので、このリスクを保証するのは家賃保証です。家賃保証は、保証料を支払い、万が一空室になった場合、その家賃を保証してもらえる制度です。そのため不動産投資を行う場合には、保証会社を経由鵜して家賃保証を付ける場合がほとんどです。保証料は家賃の10%程度かかりますが、ローンで購入している場合などには重要な意味を持っています。

空室率を下げる努力は必要

しかし家賃保証は一時の空室に対しては、保証してもらうことができますが、長期間空室になるような場合には保証会社から改善指導が入る場合もあります。保証会社もビジネスで行っているため、保証料収入がないとビジネスが成り立ちません。しかし保証金を支払うばかりでは支出のほうが多くなってしまうためこれを避けるためにあまりにも空室が多い場合には空室率を下げる勧告がなされるのです。例えばリフォームする、家賃を下げるなどです。もしそれを履行しなかった場合、契約解除になる恐れもあるのです。家賃を下げる場合もリフォームして改装する場合にも大家にとっては負担増です。したがって、不動産投資を行う際には家賃保証があるからと言って空室を警戒しないのは後々自らが負担することになってしまいます。空室リスク軽減のためにも、投資する不動産の情報をしっかりと調べ、入居者を確保できる工夫を重ねることが大切です。